おすすめBBクリーム・CCクリーム比較ランキング

時短!なのにキレイに仕上がる!優秀BBクリームCCクリームを徹底比較しました。おすすめBBクリームCCクリーム比較ランキング時短!なのにキレイに仕上がる!優秀BBクリームCCクリームを徹底比較しました。おすすめBBクリームCCクリーム比較ランキング

どうしてクマってできるの?原因を知ってクマ対策を!

Pocket

睡眠不足や疲れた時に出やすくなる目の下のクマ。
クマがあるだけで、一気にお疲れ顔で不健康に見えたり、すごく老けて見えますよね。

では、どうしてクマってできるのでしょうか?
クマが出る理由とその対策について探っていきたいと思います。

どうして、クマは目の下に出るの?

目の周りは毛細血管がたくさん通っていて、そこには血液が流れ酸素や栄養を運んでいます。
もともと目の周りやまぶたの皮膚や他の部分に比べて薄く、皮膚の下の血管が透けて見えています。
また皮脂腺も少ないので、非常に乾燥しやすく、こすったりと刺激を与えることで色素沈着を起こしやすい部位でもあります。
その為、睡眠不足等で血液が黒ずんだり、色素沈着を起こすことで、目の下のクマが目立つようになります。

クマの種類

「目の下のクマ」言っても、その原因によって種類が分かれます。

茶グマ

茶グマは色素沈着による、目の下のクマです。
目の周りをこする癖がある方にでやすく、色は茶色で寝不足などに関わらず毎日クマがあります。
茶グマは、こすることでメラニン色素が沈着してしまいますので、「目の周りをこすらない」「肌のターンオーバーを促す」ということが重要です。
乾燥すると痒くなりがちなので、保湿に気をつけてしっかりとスキンケアをしましょう。
また、角質ケアなどで肌のターンオーバーを促すことも重要です。

青グマ

青グマは、血行不良が原因でできるクマです。
睡眠不足や眼精疲労など、血流が滞ることで出やすくなります。
青グマは、乾燥肌や冷え性の方に多く、冬場は多くなります。
体を冷やさない生活習慣が重要ですので、しっかり運動し、お風呂に浸かるなど体を温めることを意識しましょう。
また、朝青クマが気になる時には、ホットタオルで温めることも有効です。
ホットタオルを目の上に数分置いて、目元の血行をよくしましょう。

黒グマ

黒グマは、たるみや皮膚の凹みが原因でできるクマです。
加齢により、目の下の眼窩脂肪を支える筋肉が緩むことで、眼球を支える眼窩脂肪が前に出てしまうことでシワやたるみができることで、影ができ、黒くまとなります。
黒クマは老化が原因なので、老化対策が重要です。
老化の一番の原因は紫外線なので、365日紫外線対策をすることが重要です。
また、顔の筋力の低下が原因なので、顔の表情筋を鍛えましょう。
コラーゲンが減少するとたるみやすくなりますので、皮膚が脂肪やむくみを支えられるように、コラーゲン入りの食品やスキンケアなどを取り入れることもオススメです。

黒グマや茶グマは、継続的なケアが必要となり簡単になくすことはできません。
クマがあるだけで一気に老けて見えますので、クマが気になる時には、メイクでクマ隠しをすることをオススメします。

BBクリームは元々は美容整形やピーリング後に刺激を受けた肌を鎮静し、保護するの目的で開発された肌を保護するための医療用のクリームなので、カバー力が高く、気になるクマをしっかりカバーしてくれます。
また、老化の原因の「紫外線」「乾燥」からしっかり肌を守ってくれます。

クマが気になる時には、ファンデーションを厚く塗ってしまいがちですが、厚塗りは逆にクマを目立たせてしまうので、ごく薄く重ねることを意識しましょう。
厚塗りするよりも、光でクマを飛ばすとクマが気にならなくなるので、BBクリーム・CCクリームを塗った仕上げに目の下にハイライトを使うと光を集めてクマと飛ばしてくれますよ。

BBクリーム・CCクリームなど上手にメイクアイテムを使いながら、継続的にクマ対策をし、健康的な若見え肌を目指しましょうね!

クマ対策にオススメ!
BBクリーム・CCクリーム
比較ランキングはこちら

Pocket

管理人

元化粧品会社勤務のお肌の曲がり角をすっかり超えてしまった大人女子。
キレイの為に良いと言われる化粧品やグッズ、エステなど散々試して、行き着いたのが365日続けられるBBクリーム・CCクリームでのシンプルケアなんです。

もっと詳しく

年代別おすすめランキング

季節別おすすめランキング

【体験レビュー】
口コミを徹底検証!

時短でもキレイをつくるビューティーコラム