おすすめBBクリーム・CCクリーム比較ランキング

時短!なのにキレイに仕上がる!優秀BBクリームCCクリームを徹底比較しました。おすすめBBクリームCCクリーム比較ランキング時短!なのにキレイに仕上がる!優秀BBクリームCCクリームを徹底比較しました。おすすめBBクリームCCクリーム比較ランキング

シミとソバカス、ほくろの違いって?

美肌の敵「シミ」。
気づかないうちに出来ていて、さらに気づけば増えている本当に悩ましい存在ですよね。

年齢を重ねるのに伴ってシミって増えていきますが、同じように見える「ソバカス」って、若い頃からありますよね。
学生時代の同級生でも、色白で可愛い子にソバカスがあったような気がします。

そして、「ほくろ」。
シミが濃くなったものが「ほくろ」のような気がしますが、シミと違って盛り上がっているものもあり目立ちますよね。

それでは、一見同じように見える「シミ」と「ソバカス」、そして「ほくろ」ってどう違うんでしょうか?

1. シミ

シミとソバカスは、どちらもメラニン色素によってできてしまい、形成の過程は同じです。
紫外線を浴びることでメラノサイトが過剰にメラニン色素を作り出し、新陳代謝(ターンオーバー)がうまくいかなくなることでシミやソバカスになります。

ただし、シミは若い時にはほとんどできません。
アラサーを超えて、加齢に伴い気になるようになる方が大半です。

これは、これまで浴び続け蓄積された紫外線が肌の老化に伴い、肌のターンオーバーがうまくいかなるなることで目立つようになってくるからです。

2. ソバカス

一方、ソバカスは遺伝的要素が強く、子供の頃からある人が多いです。
正式には「雀卵斑(じゃくらんはん)」と言います。
ソバカスができやすい体質だった為に、紫外線を少し浴びただけでもソバカスができてしまうことがあります。
通常のシミよりも大きく、鼻の周辺から、頬の上部、目の下に出やすいと言う特徴があります。
シミと違うのが、加齢とともに薄くなることがあるという点です。
ただし、原因はメラニンによるものなので、シミと同じように紫外線を浴びることで濃くなってしまいます。

3. ほくろ

ほくろは、「色素性母斑」と医学的に呼ばれています。メラノサイトが異常に活性化して、周囲よりも高い密度で集まってしまうことでできてしまう、良性の腫瘍です。
肌のターンオーバーがうまくいかなくなることでできる「シミ」や「ソバカス」とは異なります。
メラニン色素があるため、褐色、茶色や黒色をしています。滑らかなものや盛り上がったものもあり、生まれつきのものと成長途中で現れるものとがあります。
ほくろが増える原因はまだ解明されていませんが、思春期や女性が妊娠中など女性ホルモンの影響を受けたり、生活習慣の紫外線を浴びたときに増えることがあります。

シミ・そばかすは、適切なケアを行うことで薄くなったり、消えることもあります。
そして消すことばかりを考えがちですが、大切なのはまず予防することです。
予防をしてもシミができてしまうことはありますが、しっかりケアをして予防していきましょう。

シミ、そばかす、ほくろのどれも紫外線が原因となり、増えていきます。
予防のためには、紫外線を徹底的にカットすることが大事です。
BBクリーム・CCクリームは、忙しい朝にも簡単に紫外線対策とメイクを同時に行うことが可能です
ファンデーションの役割が備わっておりカバー力が高いので、すぐに消し去ることは難しいシミやそばかすのカバーにもオススメです!
高いUV効果のある商品も多く、365日どんなシーンにも使用ができますので、しっかり紫外線対策をしてシミやそばかすを防ぎましょうね!

シミ・そばかす対策にオススメ!
BBクリーム・CCクリーム
比較ランキングはこちら

管理人

元化粧品会社勤務のお肌の曲がり角をすっかり超えてしまった大人女子。
キレイの為に良いと言われる化粧品やグッズ、エステなど散々試して、行き着いたのが365日続けられるBBクリーム・CCクリームでのシンプルケアなんです。

もっと詳しく

年代別おすすめランキング

季節別おすすめランキング

【体験レビュー】
口コミを徹底検証!

時短でもキレイをつくるビューティーコラム