おすすめBBクリーム・CCクリーム比較ランキング

時短!なのにキレイに仕上がる!優秀BBクリームCCクリームを徹底比較しました。おすすめBBクリームCCクリーム比較ランキング時短!なのにキレイに仕上がる!優秀BBクリームCCクリームを徹底比較しました。おすすめBBクリームCCクリーム比較ランキング

曇りや雨の日は紫外線ケアはいらない?

Pocket

晴れている日にはしっかりと紫外線対策をしていても、曇りや雨の日にはついつい紫外線対策をサボってしまうことってありますよね。
短時間の車での移動や、ちょっとコンビニまでの買い物だと、メイクするのが面倒でついついすっぴんで行ってしまうことも・・・。

紫外線って、太陽から降り注いでいるんだから、太陽が見えない状態の天気の日だと紫外線が降り注いているってことはなさそうですが、曇りや雨の日など厚い雲がかかっている状態でも紫外線は肌に届くのでしょうか?

晴れの日に届く紫外線量を100%とすると、うす曇りの時は80~90%、曇りの時は約60%、雨の場合は約30%の量になります。
しかも、曇りで雲の間から太陽が出ている場合には、雲からの散乱光が加わるため晴れた日よりも多い紫外線が注がれていることがああります。

そうです。
晴れの日だけではなく、曇りの日も雨の日にも、紫外線は確実に届いているので、365日紫外線対策は必要なんです。

紫外線の中で、肌に影響があるのはUV-AとUV-Bといわれています。
UV-Aは紫外線の約9割を占め、肌の奥まで侵入しダメージを与えます。UV-Aが真皮まで入り込むとコラーゲンなどを破壊してシワやたるみの原因に繋がります。
UV-Bは逆に紫外線の1割程度ですが、日焼けによる炎症やシミの原因をつくる他にも表皮細胞やDNAを傷つけたりと肌に影響を及ぼします。
紫外線は時間帯によっても変化し、UV-Aは9時〜14時頃、UV-Bは10時〜14時頃までが一番強くなります。
雨の日でも、日没までのこの時間帯には必ず紫外線対策が必要です。

また、紫外線は3〜4月頃から増え始めて、5月から7月にかけて一番多くなります。
6月は梅雨の時期で天気が悪い日が多いので、ついつい日焼けどめをサボってしまいがちですが、6月は1年で一番強い紫外線が降り注いでいます。

紫外線の量の少ない冬の晴れた日と、梅雨の雨の日の紫外線の量を比べると、梅雨の雨の日の紫外線量の方が強いんですよ。

BBクリーム・CCクリームなら、ささっと塗るだけ簡単30秒で紫外線ケアができます。
朝のスキンケアと合わせて、BBクリーム・CCクリームを塗っておくだけで、日常の生活で浴びてしまう紫外線をしっかりカットできます。
雨でジメジメした日には、さらっとした崩れにくいBBクリーム・CCクリームを選べば1日快適に過ごすこともできますよ。
雨だからと言って油断していると、お肌のシミ、シワやたるみなど肌老化を招きますので、どんな天気の日でもBBクリーム・CCクリームで必ず紫外線ケアを行いましょう。

オススメ!BBクリーム・CCクリーム
比較ランキングはこちら

Pocket

管理人

元化粧品会社勤務のお肌の曲がり角をすっかり超えてしまった大人女子。
キレイの為に良いと言われる化粧品やグッズ、エステなど散々試して、行き着いたのが365日続けられるBBクリーム・CCクリームでのシンプルケアなんです。

もっと詳しく

年代別おすすめランキング

季節別おすすめランキング

【体験レビュー】
口コミを徹底検証!

時短でもキレイをつくるビューティーコラム