おすすめBBクリーム・CCクリーム比較ランキング

時短!なのにキレイに仕上がる!優秀BBクリームCCクリームを徹底比較しました。おすすめBBクリームCCクリーム比較ランキング時短!なのにキレイに仕上がる!優秀BBクリームCCクリームを徹底比較しました。おすすめBBクリームCCクリーム比較ランキング

紫外線ケアは夏だけでいいの?

夏やよく晴れた日差しの強い日には気をつけて紫外線対策をしているけど、秋や冬など日差しがそれほど強くない季節には紫外線対策をあまりせずに出かけてしまうことってありますよね。
日差しの強い夏場以外の季節には、紫外線対策は必要なのでしょうか?

紫外線の中で、実際に肌に影響があるのはUVAとUVBといわれています。
UVAは紫外線の約9割を占め、肌の奥まで侵入しダメージを与えます。UVAが真皮まで入り込むとコラーゲンなどを破壊してシワやたるみの原因に繋がります。
UVBは逆に紫外線の1割程度ですが、日焼けによる炎症やシミの原因をつくる他にも表皮細胞やDNAを傷つけたりと肌に影響を及ぼします。
UVAは生活紫外線とも言われ、日常生活で知らずしらずのうちに浴び続けるうちに、お肌へのダメージが少しずつ蓄積されていく紫外線です。油断せずにBBクリーム・CCクリームなど簡単にケアができるアイテムを上手に利用して、紫外線対策を行うのが重要です。

春の紫外線

実は、紫外線は3〜4月頃から増え始めて、5月から8月にかけて一番多くなります。
シミの原因となるUV-A波の紫外線は春になると、冬の時期の3倍にもなりますので、まだそんなに暑くないから大丈夫だろうと安心していると、気づかないうちに紫外線を浴びていたということも・・・。
また、季節の変わり目で肌が乾燥していたりと弱っているところに、強い紫外線を浴びることで、肌へのダメージが大きくなります。
しみやソバカスの原因となるメラニンには、肌を紫外線から守る役割があり、日やけによって肌色が濃くなっている時期より、日やけをしていない時期の方が紫外線の影響を受けやすいと言われています。
その為、春にもしっかりと紫外線ケアを行いましょう。

秋の紫外線

夏に紫外線を浴びた肌は、ターンオーバーが乱れ、傷ついています。
又、気温が低下することで乾燥も進み、紫外線のダメージを受けやすい状態となっています。
気温が低下したと言っても、まだ紫外線が強い日も多いので、しっかりと紫外線ケアを行うことが重要です。

冬の紫外線

冬は紫外線が弱まる季節ではありますが、気温の低下や空気の乾燥に伴い、肌が一番乾燥しやすい時期となっています。
乾燥等の外的ストレスや内的なストレスは肌の角質を傷つけ、細胞間脂質などにも影響して肌バリア機能が低下する要因となります。
肌のバリア機能が低下することで、紫外線の影響を大きく受けるようになる為、様々なトラブルが発生しやすくなります。
保湿をしっかりと行い、冬でも紫外線対策は必ず行うようにしましょう。
又、スキーなど冬のレジャーに出掛けられる方もいらっしゃると思いますが、雪面は紫外線の反射率が高いため、紫外線対策を忘れずに行いましょう。

日差しが強くないと、コンビニに行く程度のちょっとした買い物や洗濯干しなどは、面倒で紫外線対策を怠ってしまいがちだと思います。
季節によって紫外線量は異なりますが、年間通して紫外線は降り注いており、又、乾燥等の要因もありますので、紫外線ケアを怠ると日焼けや肌のトラブルを招いていきます。
BBクリーム・CCクリームは、ささっと1品で紫外線対策ができる簡単なアイテム。
UV効果の高い商品も多く、また美容成分がたくさん配合されているので、冬場の乾燥対策としてもバッチリです。

健やかなお肌を保っていく為に、年間通してBBクリーム・CCクリームを活用して、紫外線対策は行いましょうね。

オススメ!BBクリーム・CCクリーム
比較ランキングはこちら

管理人

元化粧品会社勤務のお肌の曲がり角をすっかり超えてしまった大人女子。
キレイの為に良いと言われる化粧品やグッズ、エステなど散々試して、行き着いたのが365日続けられるBBクリーム・CCクリームでのシンプルケアなんです。

もっと詳しく

年代別おすすめランキング

季節別おすすめランキング

【体験レビュー】
口コミを徹底検証!

時短でもキレイをつくるビューティーコラム