おすすめBBクリーム・CCクリーム比較ランキング

時短!なのにキレイに仕上がる!優秀BBクリームCCクリームを徹底比較しました。おすすめBBクリームCCクリーム比較ランキング時短!なのにキレイに仕上がる!優秀BBクリームCCクリームを徹底比較しました。おすすめBBクリームCCクリーム比較ランキング

SPFとPAの意味とBBクリーム(CCクリーム)の選び方

BBクリーム・CCクリームを選ぶ時に、どのくらいのUVカット効果が必要なのか、悩む時ってありませんか?
数値が高ければ高いほどいいと信じて、できるだけ数値が高いものをこれまで選んでいましたが、ものによっては肌への負担が高く、逆にお肌の調子が悪くなることもしばしば。
では、どのくらいの数値のものを選べばいいのでしょうか?

太陽からはさまざまな光が発せられていますが、地上に降り注いでいるのは「赤外線」・「可視光線」・「紫外線」の3種類の太陽光です。波長400nm以下の不可視光線が「紫外線」と呼ばれ、この紫外線は波長によって3種類(UVA・UVB・UVC)存在します。

その紫外線の中で、実際に肌に影響があるのは「UVA」と「UVB」といわれています。
では、「UVA」と「UVB」はお肌にどのような影響を与えるのでしょうか?

UVAとは?

UVAは紫外線の約9割を占め、波長が長く肌の奥まで侵入しダメージを与えます。
UVAは窓ガラスや雲も突き抜けるため、曇りの日や室内でも対策は欠かせません。
又、UVAが真皮まで入り込むとコラーゲンなどを破壊してシワやたるみの原因に繋がります。

PAで表される効果

PAとは、Protection Grade of UVAの略で、UVAを防ぐ効果を表す指標です。
PAは数値化できないため効果が+で示されています。

PAのレベルは
●PA+ (効果がある)
●PA++(効果がかなりある)
●PA+++(効果が非常にある)
●PA++++(効果が極めて高い)
の4段階で表示されています。

日常的な買い物などであればPA++を、特に日差しが強くなる春以降の紫外線対策には、PA+++〜のものを使うと安心です。

UVBとは?

UVBは紫外線の1割程度で、波長が短く肌表面の表皮にとどまります。
太陽から届く紫外線の量は少ないのですが、肌への作用が強いため、肌を赤くさせ炎症(やけど)を引き起こし、メラニン色素を増加させてシミやソバカスの原因をつくります。
4月頃から強くなり、とくに5月~9月までの初夏〜初秋の間、肌に日焼け跡を強く残すようになります。
UVBが人体に与える影響はUVAより圧倒的に強く、シミや炎症だけでなく表皮細胞やDNAを傷つけたりと肌に影響を及ぼします。

SPFで表される効果

SPFは、Sun Protection Factorの略で、主にUVBの防止効果を表す目安の数値です。
SPFの値はこの時間をどれだけ伸ばせるかという数字で、数字が大きいほど効果が高くなります。
一般的に、何もつけずにUVBを浴びて日焼けするまでの時間は約15〜20分と言われます。

例えば、SPF30の日焼け止めを使うと、
・約15〜20分×30=450〜600分(約7〜10時間)
と、7〜10時間は日焼けが抑制されるということになります。

あくまでも、太陽の光を浴びる時間であり、数字が高いものをつけるほどいいという訳でもありませんので、使うシーンに合わせた数値のBBクリーム・CCクリームを選びましょう。

数値が高ければ高いほど効果があると思いがちなUVカット効果。
しかし、数値が高いとそれなりに肌への負担が大きくなります。
BBクリーム・CCクリームにもいろいろな商品があり、それほどUVカットの数値は高くないものの肌への優しさを重視した商品や、夏のレジャーにも安心のUVカット効果の高い商品まで様々なBBクリーム・CCクリームがあります。
日傘や帽子を活用したり、季節や使うシーンに合わせてBBクリーム・CCクリームを使い分けるなど工夫しながら、肌への負担を少なくして、美しいお肌を目指しましょうね。

オススメ!BBクリーム・CCクリーム
比較ランキングはこちら

管理人

元化粧品会社勤務のお肌の曲がり角をすっかり超えてしまった大人女子。
キレイの為に良いと言われる化粧品やグッズ、エステなど散々試して、行き着いたのが365日続けられるBBクリーム・CCクリームでのシンプルケアなんです。

もっと詳しく

年代別おすすめランキング

季節別おすすめランキング

【体験レビュー】
口コミを徹底検証!

時短でもキレイをつくるビューティーコラム