おすすめBBクリーム・CCクリーム比較ランキング

時短!なのにキレイに仕上がる!優秀BBクリームCCクリームを徹底比較しました。おすすめBBクリームCCクリーム比較ランキング時短!なのにキレイに仕上がる!優秀BBクリームCCクリームを徹底比較しました。おすすめBBクリームCCクリーム比較ランキング

老化を食い止めたい!50代がすべき3つの対策

Pocket

30代、40代と年齢の階段を上っていく度に老化を少しづつ感じてきたものの、50代にかけての変化ってそれまでよりもとても大きくないですか?

特に、50代になって大きな変化を迎えるのが”お肌”。
「いつまでも若々しくいたい」
「周りの同年齢よりもキレイに見られたい」

そんなアラフィフ女性たちにとって、すごく深刻な悩みです。

40代になり肌にハリがなくなったり乾燥しやすくなったりと変化はあったものの、40代から50代にかけての変化ってびっくりするくらい大きいですよね。

老化に勝つことはできませんが、年齢のせいにして何も対策をしないとさらに老化はさらに進んでしまいます。
50代になるとどうして老化って加速してしまうんでしょうか?

ここでは、その理由と対策についてご紹介したいと思います。

50代になると老化が加速する理由

では、どうして50代になると老化が大きく進んでしまうのでしょうか?

ホルモンバランスの乱れ

50代で起こる老化の一番の原因は何といっても、ホルモンバランスの乱れ
女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンがあるのですが、この女性ホルモンの分泌量は生涯で決まっていて増やすことはできません。
20代後半から30代前半で分泌のピークを迎え、その後徐々に分泌量が減っていき、閉経前後の45~55歳になるとほとんど分泌されなくなっていきます。

この2つのホルモンのうち、肌や髪のハリや潤いなど“女性らしさ”に関連するのがエストロゲンというホルモンなのですが、分泌量が激減することによって、肌の老化を感じやすくなってしまいます。
また、月経と連動してバランスを取っていたエストロゲンとプロゲステロンというホルモンのバランスが50代前後になり乱れることによって、徐々に肌や身体に様々な変化が出るようになってしまうんです。

乾燥

30代をピークに肌の水分量や皮脂量などは減っていきます。
その為、年齢を重ねるたびに肌は乾燥しやすくなってしまいます。
そして、50代になると肌の潤いに欠かせないセラミド(細胞間脂質と呼ばれる肌に水分を蓄える働きをする成分)が減少してしまうので、肌に水分をいくら補ってもすぐに肌の外に出て行ってしまうようになり、乾燥肌が進行してしまうんです。

そして、乾燥肌が進むと、肌を外部刺激から守るバリア機能が低下してしまうので、乾燥や紫外線などの影響をより受けやすくなり、シミやシワなど様々なエイジングサインをより感じるようになってしまうんです。

ターンオーバーの乱れ

お肌の生まれ変わりの周期であるターンオーバーは、年代により異なりますが、20代で28日周期だった周期が50代になると倍の周期になります。
ターンオーバーが遅れることで、肌表面の角質層が厚くなりますので、シワやたるみ、肌のごわつきなども感じやすくなってしまうんです。

コラーゲンの減少

コラーゲンは人の身体を構成するタンパク質の一種。
コラーゲンは肌の弾力やハリを支えており、美しい肌のためにとても大切なものとされています。
10代後半から20代でピークを迎えたコラーゲン量は、年齢とともに減少し、50代になるとピーク時の約半分まで低下してしまいます。
また、加齢により代謝が衰えることによって、このコラーゲンは質も下がってしまうので、本来の柔軟性や弾力を失い、たるみやシワなどの原因となってしまうんです。

このように、50代になると年齢とともに美しさ、若々しさを保つ成分などが激減してしまうので、どうしても肌への影響も大きくなってしまうんです。

老化を食い止めたい!50代がすべき3つの対策

とはいっても、50代になってもいつまでもキレイなアラフィフも今は増えてきましたよね。
彼女たちはどんなことを行っているんでしょうか?

1 丁寧なスキンケア

美容に熱心な方や、エステティシャンの方って何歳になっても肌がきれいですよね。
それは、スキンケアの基本を丁寧に行っているからです。

肌のお手入れの基本は

  • 汚れは落とすけど潤いは落とさないクレンジング
  • 刺激を与えない
  • 保湿成分をしっかり補う

この3点です。
当たり前のことですが、忙しい毎日の中でこれらの基本を丁寧に行えていないことって多くないですか?
面倒だから洗浄力の高いオイルクレンジングを使って、さっとメイクを落として、化粧水をパンパンと強く叩き込んで、軽く乳液をつけておしまい。
そんなスキンケアをしていると一気に年齢肌が進んでしまいます。

50代からはどうしても肌の水分を保持する力がなくなってきてしまうので、洗浄力の強すぎるクレンジングを使うことはやめて、クリームタイプやミルクタイプの肌に優しいクレンジングを使い丁寧にクレンジングをするようにしましょう。
ダブル洗顔のいらないタイプのクレンジングならさらに肌の潤いを守ることができますよ。

また、化粧水はコットンで叩きこむより、手の平で軽く温めて化粧水を優しく丁寧に押し込むようにつけ、パタパタと叩くことはやめましょう。

丁寧にクレンジングと水分補給をした後は、美容液やクリームの出番です。
若い時と同じスキンケアを使っている方もいらっしゃるかもしれませんが、年齢に合わせたスキンケアを選び、より保湿力の高い化粧品を使うことをオススメします。

面倒でも、化粧水の水分が浸透するのを待ってから次に使う美容液を使い、美容液が浸透してからクリームを使うようにしましょう。

2 温める

美人を作るのは内臓からって聞いた事ありませんか?
冷えは万病の元とよく言いますが、健康面だけでなく肌や髪など見た目にも影響が出ます。
身体を温めて、血行がよくなると肌のターンオーバーが整い、美しく健やかな肌を保つ事ができます。
ウォーキングなど運動をしたり、湯船に使って体全体を温めるようにしましょう。

3 紫外線対策

乾燥しやすい50代の肌は外部刺激を受けやすくなっています。
特に老化の原因の8割を占めると言われている紫外線を浴びると、肌内部のコラーゲンが破壊されるだけでなく、活性酸素が増えるので、シミやシワ、たるみなど様々エイジングにつながってしまいます。

天気がいい日に外に出るときは勿論のこと、天気が悪い日や室内でも紫外線は降り注いでいますので、しっかり紫外線対策を行うようにしましょう。

洗濯物を干したり、ちょっとコンビニまで買い物行く程度で、紫外線対策するのってちょっと面倒ですよね。
BBクリームなら紫外線対策とベースメイクが30秒で完了!
1品で全てが完結するので、手軽に紫外線対策をしたい方にピッタリのアイテムです。

若い時ってみんなが若くて肌もキレイなので、差ってつきにくいですが、年齢を重ねると、「きちんとお手入れをしている人」と「お手入れをしていない人」では見た目年齢にものすごい差が生まれるようになりますよ。

ぜひ、しっかりお手入れをして老化を忘れるくらいの美魔女を目指しましょう!

50代にオススメのBBクリーム・CCクリームはこちら

Pocket

管理人

元化粧品会社勤務のお肌の曲がり角をすっかり超えてしまった大人女子。
キレイの為に良いと言われる化粧品やグッズ、エステなど散々試して、行き着いたのが365日続けられるBBクリーム・CCクリームでのシンプルケアなんです。

もっと詳しく

年代別おすすめランキング

季節別おすすめランキング

【体験レビュー】
口コミを徹底検証!

時短でもキレイをつくるビューティーコラム