おすすめBBクリーム・CCクリーム比較ランキング

時短!なのにキレイに仕上がる!優秀BBクリームCCクリームを徹底比較しました。おすすめBBクリームCCクリーム比較ランキング時短!なのにキレイに仕上がる!優秀BBクリームCCクリームを徹底比較しました。おすすめBBクリームCCクリーム比較ランキング

BBクリームの後にフェイスパウダー使う?使わない?

Pocket

1本で、日焼け止め・化粧下地・ファンデーション・フェイスパウダーなどの役割を果たしてくれるBBクリーム・CCクリーム。
短時間でベースメイクが完了するとあって、忙しい女子の間ではすっかり定番のアイテムですよね。

でも、1品でいろんな役割があったとしても、最後にフェイスパウダーを使わないと「ベタベタしちゃわない?」「化粧のもちが悪くならない?」と心配になりませんか?

そこでここでは、BBクリームの仕上げにフェイスパウダーは使った方がいいのか?使わなくてもいいのか?ご紹介したいと思います!

フェイスパウダーとは?

サラサラにさせるために仕上げに使う印象のフェイスパウダーですが、本来どんな目的があるのでしょうか?
フェイスパウダーとは、本来はファンデーションの一種。
ファンデーションには油分が含まれていますが、フェイスパウダーはその油分が一番少なくなっていて、粉分が多くなっています。

フェイスパウダーとパウダーファンデーションって、パフでつけるしちょっと似ていますよね。
でも、これは使う目的が異なっています。
パウダーファンデーションは、粉状ではありますが、油分が多くカバー力があり肌を均一に整えてくれます。

フェイスパウダーは油分が少ないので、軽いつけ心地でメイク後の仕上げに使うというのが特徴。
油分が含まれていない分落ちやすいので、下にファンデーションをつけていなかったら普通の洗顔料でも十分に落ちてくれます。

時々、リキッドファンデーションを使った後にパウダーファンデーションで仕上げる方がいらっしゃいますが、 厚塗りにつながってしまうので、ファンデーションの後にはパウダーファンデーションではなくフェイスパウダーを使うようにしましょう。

フェイスパウダーを使うメリット

リキッドファンデーションやクリームファンデーションを使った後はセットで使うことの多いフェイスパウダー。
おまけのような感じですが、綺麗に仕上げるには欠かせない重要なアイテムなんです。

まず第一の目的は「メイクの持ちをよくする」ということ。
フェイスパウダーは皮脂や汗を吸収するという性質がありますので、化粧崩れを防いでファンデーションの持ちを良くしてくれます。
パンダ目になりやすい目元に最後につけることで、皮脂でアイメイクが落ちることも防止してくれますよ。

次に、UV効果があること(UV効果がないものもありますので、買う時に良くチェックしてくださいね)。
フェイスパウダーにUV効果があることで、最後にパウダーをつけることでよりしっかりとした紫外線対策をすることができます。
化粧直しでさっとパウダーをはたくことで、ファンデーションの重ね塗りをすることなくUV対策ができるのも嬉しいですよね。

また、パウダーが光を拡散することで肌を立体的に見せたり、ツヤを演出したりとメイクの仕上げに使うのもオススメです。

BBクリームの仕上げにフェイスパウダーは使った方がいい?

BBクリームには基本的にフェイスパウダーの役割が入っているものが多いので、フェイスパウダーを使わなくても綺麗に仕上がるものが多いです。
フェイスパウダーを使わずにBBクリームだけで仕上げた場合には、自然なツヤのあるしっとりとした仕上がりとなります。
一方、フェイスパウダーを使うとチョイスするフェイスパウダーによって、さらっとした仕上がりでより化粧崩れを防いだり、立体感ををつけたり、ツヤをプラスしたりと自分が希望する仕上がりにより近づけることができますよ。

フェイスパウダーは使わなくても大丈夫ですが、プラスして使うことでより自分の求める肌に近づけることができますので、フェイスパウダーを上手に利用して、ナチュラルなツヤ肌を目指しましょうね!

Pocket

管理人

元化粧品会社勤務のお肌の曲がり角をすっかり超えてしまった大人女子。
キレイの為に良いと言われる化粧品やグッズ、エステなど散々試して、行き着いたのが365日続けられるBBクリーム・CCクリームでのシンプルケアなんです。

もっと詳しく

年代別おすすめランキング

季節別おすすめランキング

【体験レビュー】
口コミを徹底検証!

時短でもキレイをつくるビューティーコラム